×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

近視の治療法

日本人の3人に1人は近視といわれているこの世の中。。。近視になる素因や種類などを知ったからには、療養も知っておきたいですよね^_^

近視の療養について・・・点眼薬を用いる療養法は、近視になりかけの偽近視(仮性近視)の時期に行われることがあります。これらの手法で療養するときは、眼科の先生に納得のいく解説を受けてからにしましょう。近視の療養には、点眼薬を用いる手法と手術的手法があります。点眼薬は、近視状態が一時的な場合に用いられることがある。手術手法の場合はその安全性を十分に見極める必要があります。

偽近視は近くを長く見続けた結果、毛様体(眼球の水晶体を支えて、ピントの調整などを行っている組織です)節が異常に緊張して水晶体が厚くなり、一時的に近視の状態になっていたら考えられるときで、目の調節を休ませる点眼薬を用いる場合もあるらしいです。手術的手法には、角膜周辺部分を放射状に切開する『放射状角膜切開術』やエキシマレーザーによる『角膜切除術』(角膜の中心部を削る手法)などがあります。点眼薬は、近視状態が一時的な場合に用いられることがある。手術手法の場合ならその安全性を十分に見極める必要があるのです。

しかし、強度の近視では効果が弱く、また安定した視力が得られない場合や後遺症が残る場合もあって、効果と安全性が現在検討されています。療養を受ける場合は、十分解説を聞いて納得してからに受けて下さい。

病的近視の療養には、点眼薬を用いる手法と手術的手法があるのです。

“レーシック手術”・“トレーニング”などもある。大部分の近視は病気ではなくて、遠くが見えにくいだけの普通の目だそうです。日頃から目をいたわる生活(ささいなことの積み重ねですが、疎かにしているとある日大変なことになるかもしれません)を心がけて、見えにくくなってきたら眼科の先生に相談しましょう!