×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

自分でできる視力回復トレーニング

視力回復トレーニングという言葉を皆さんはご存知でしょうか?

メガネやコンタクトレンズ(角膜に直接着けて、視力の補正などを行います)で、ご自身の視力を矯正されている方はとてもたくさんいらっしゃると思います。もし、貴方の視力を回復する事ができる方法(選択を誤ると、取り返しのつかないことになることもあるかもしれません)があれば、試してみたいと思いますか?

視力回復トレーニング(一時的に視力が回復しても、止めるとまた戻ってしまうこともあるようです)とは、名の通り、視力を回復するためのトレーニングなのですね。この視力回復トレーニングは、アメリカの眼科医が考案した方法です。目の周辺の筋肉や神経を鍛えることにより、低下してしまった機能を少しずつ復活させ、悪くなってしまった視力を取り戻します。

自分で簡単に出来る視力回復トレーニング(なかなか明確な成果が出なくて挫折することも多いです)があるので、幾つか調べてみますね。まずは、簡単に目の筋肉を意識するような運動から、眼球トレーニングを行ってみましょう。目の筋肉を鍛えることを意識しながら、目を上下左右に動かしたり、斜めや目をぐるっと回転させたりするのみです。最初のうちは、何も焦点がなく困難なようであれば、ご自身の人差し指を使ってその人さし指を追うようにして目を動かしてもいいです。この体を動かす事で、目周辺の血行を促進させ、衰えてしまった筋肉を鍛えることが出来るでしょう。

遠近トレーニング方法もあります。これもすごく簡単で、自分の目の前にえんぴつやボールペン(キャップ式とノック式に大別できます)を差し出し、見つめましょう。数秒見つめた後、なるべく遠くにある建物や木などを見るようにします。ボールペン(キャップ式とノック式に大別できます)と建物を交互に見る感じです。これは、毛様体筋と水晶体を動かすための運動。

以上のように、視力回復トレーニング(視力回復センターで行う他、自宅で行うこともできます)とは、視力低下(最近、視力が低下している人だけに文字がみえる細かいドット柄の3Dアートのようなものが一部で話題になりました)=目の機能の低下と考えられていて、この低下してしまった目の機能を元に戻すことにポイントがあります。

動体視力回復の方法

視力回復は、今現在視力があまり良くない方の大部分が関心を示すものではないだろうからという事情で、動体視力回復に関しては如何でしょうか。コンタクトレンズや眼鏡が浸透しているのと同類に、視力回復の手法もまた広く浸透し始めています。ただ、それでもやはり裸眼の快適さには敵わないため視力回復が求められるという訳です。視力回復に完遂すれば、眼鏡の装着感やコンタクトレンズ(正しく使わないと、目のトラブルの要因になってしまいます)の手入れと言った毎日の些細なストレスからオープンされるのですから。

しかし、一体どのくらいの手法で視力回復を目指すのでしょうか。幸いな事に、コンタクトレンズ(角膜に直接着けて、視力の補正などを行います)や眼鏡の浸透によって、確かに不随意さは減少しています。どんな人でも手軽に出来る手法から手術のように本格的にものまで、自身の好みに合わせて視力回復手法を選択する事が出来るのです。

視力回復は、いわゆる目が悪い人全員にとって共有の目標と言って過言ではないものですね。それでは、動体視力に関してはあまり関心が示されないと言われています。因みに、基本的な問題だからって視力と動体視力は別物です。



視力回復を目指した結果動体視力がアップすると言う事はなく、逆もまた然りのようです。さて、動体視力は皆の人に向けられたものなのです。

視力回復の第一歩は、何よりもまず遠くを見ることが勧められています。目を休める事として、何よりもまず目を休める事は、視力回復に少なからず通じていますからす。動体視力とはその名の通り動いているものを捉える力であり、動体視力の所用性についてですが、動体視力回復が目指せるのなら目指してみるべきになっているでしょう。

視力回復の第一歩は、何よりもまず遠くを見ることが勧められています。これは目の構造を掌握すれば納得の話で、この延長線上に視力回復手法が凝縮されているといっても過言ではありません。私達一般人でも、動体視力は皆の人に向けられたものですが、実は運動選手に限った話ではないものです。

目を休める事だと呼ねれています。しかし、一歩間違えれば視力回復どころか視力ダウンを招いてしまうリスクを背負っていらっしゃいますからす。視力回復や目に関する詳しい情報は、ブログやサイトからシンプルに収集する事ができます。


ジニアスeye