×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

視力回復法

めがねやコンタクトレンズで視力を矯正されている方は大勢いるでしょう。でも不便さを感じているはずです。視力が回復出来る為あれば、回復してみたいと思いませんか?

近年では、視力を回復するための方法がたくさん紹介されています。

1. 目の角膜を手術して視力を回復するレーシック
2. 視力回復センターでトレーニングをつんで視力を回復する
3. 視力回復方法

視力回復法について紹介します。まずは

「ウインク視力回復法」です。名前だけ聞くと、ウインクをして視力を回復するのかな?

と思いますが、実際の方法は少し違います。方法は非常に簡易で、視力を回復させたいなとお考えであれば、ちょっと継続する事で試してみて下さい。

やり方としては、まず、手の平を左右どちらかの目の前に置いて、片目の視界をさえぎります。この時、見えている方の目はなるべく遠くの建物や絵を見るように意識してみて下さいね。それを片目7分ずつ、毎日行うようにして下さい。たったこれだけの方法です。

ウインク視力回復法の原理は、片目の視力をさえぎってしまう事で、もう片方の見えている目が何かを見ようとすることに集中します。その結果、低下してしまった目の機能を鍛えるということなのです。目の筋肉が凝り固まってしまうと、目の機能が衰え、視力が低下するといわれています。やっぱり、一度低下してしまった視力を元の視力に戻すと言う物は難しい事でしょう。でも、お子さんなど、まだ成長している段階であれば、今以上に視力を低下させないためにも、この方法を使うといいでしょう。

次に川村博士の提唱するジニアスEYEです。視力回復ゲームや眼筋力アップトレーニングといった独特の視力回復法で口コミ評価の高さは折り紙つきですから、気になる方は詳しくチェックしてみてください。公式HPを紹介しておきます。

>>川村先生の視力回復トレーニング